スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球がサッカーに負ける日-。プロ野球界に差し迫る恐怖。野村克也氏もぼやく「サッカーをする子供は年々増えるだろうな」

1 :Sisler ★@\(^o^)/:2014/06/05(木) 22:36:49.21 ID:???0.net
サッカーに負ける日は来るのか-。プロ野球界に差し迫る恐怖である。
 5月27日のW杯壮行試合、日本代表-キプロス戦は、埼玉スタジアムに5万8000人を集め、地上波のテレビ中継の平均視聴率22・5%。
相手チームの格が下で、ゴールラッシュが期待できたこともあるのだろう。
 あくまで代表戦で、Jリーグではこうはいかないことも承知している。それを割り引いても、相当な盛り上がり。日本は3日の強化試合でもコスタリカに快勝。
4日付のサンスポでも1-5、最終面を占拠した。
 W杯は4年に1度。来年から3年間は熱狂も収まるさ…と安閑と構えていて、いいのだろうか、野球界は。
日本代表がベスト8、ベスト4と勝ち進んだら、状況も一変するのではなかろうか。

 サンケイスポーツ専属評論家の江本孟紀氏は、警鐘を鳴らしてきた。
 「サッカー界は日本協会のもと、アマチュアからプロまで、子供から大人まで、組織が統率されている。
J3制導入で、裾野も広がった。これは脅威。野球界がそれを、どこまで認識しているか、だね」
 同・野村克也氏も、ぼやく。「サッカーをする子供は年々、増えるだろうな。野球と比較して〔1〕道具に金がかからない〔2〕ボールが当たっても痛くない、だからな」。
最近の家庭事情と、子供気質に合っているという。さらに野村氏は-。
 「プロ野球も、今のような試合ばかりだと、ファン離れは進むよ。あの『江夏の21球』のような、1球1球に意味のあるドラマを、見せないとな。
野球の強みは、1億総評論家、1億総監督になれること。例えば、五回二死一、二塁、オレだったら先発投手交代だ…などと、誰もが局面を切り取って論じられる。
そうした試合の妙味、勝負の醍醐(だいご)味を、提供してくれないと、なあ」
 ということで今回は、サッカーに押されて野球の紙面が減る一方だから、いつもより短めの行数で、終わる。
http://www.sanspo.com/baseball/news/20140605/npb14060511300002-n1.html


キャプチャy1
キャプチャy2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。