スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニートが就職できない構造的な理由

ニートが就職できない構造的な理由

ニートから抜け出せないなど就職が難しい状況に陥(おちい)った若者を支援するために

、厚生労働省が2007年からスタートさせた「地域若者サポートステーション事業(サポステ)」。

だが、その実績を見ると、残念ながら結果が出ているとは言い難い。

サポステの設置数は、初年度の25ヵ所から年々増加し、今では全国160ヵ所に上る。

運営は主に地域のNPOが行なっており、運営費は税金によって賄(まかな)われている。

厚労省が集計した2012年4月から8月までの実績では、登録者数2万5463人のうち、

就職(非正規を含む)が決まったのは4872人(約19%)。正社員に絞れば、わずか1330人(約5%)だ。

なぜ成果を挙げられないのか? その原因のひとつは、厚労省がサポステの委託事業者に課している“運用ルール”にある。

まず、サポステでは、15歳から39歳までの「就職困難な状況にある若者」に、キャリアコンサルタントによる相談や、

コミュニケーションスキルを向上させるためのトレーニング、職場体験などを受けさせる。
http://yukan-news.ameba.jp/topicsRedirect/146/20140602/0/?url=http%3A%2F%2Flink.ameba.jp%2F236105%2F

キャプチャ1n
キャプチャn2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。