スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未婚の若者の7割「結婚したいけどお金がない」…政府調査で判明

1 名前: アルゼンチンバックブリーカー(茸)@[] 投稿日:2014/05/03(土) 18:24:49.28 ID:+kXeh0ZQ0●
国民の意識を調査し、少子化の原因を分析する内閣府の「家族と地域における子育てに関する意識調査」の結果が公表された。
それによると、「若い世代で未婚・晩婚が増えている理由」について、未婚男性は「経済的に余裕がないから」との回答が
5割以上で最も多かった。未婚女性では、「独身の自由さや気楽さを失いたくないから」、
「希望の条件を満たす相手にめぐり会わないから」と続き、未婚や晩婚の背景に経済的理由があることが浮き彫りになっている。

■未婚男女の7割以上が「結婚したい」と回答

将来の結婚に意思について、未婚者(229人)に聞いたところ、「いずれは結婚したい」(52.0%)、
「2~3年以内に結婚したい」(10.0%)、「すぐにでも結婚したい」(9.6%)という回答者をあわせると、7割以上の人が
「結婚したい」と回答した。性別でみると「2~3年以内に結婚したい」で、女性14.6%と男性6.3%を大きく上回った。

特に20歳~39歳の未婚者(155人)では、「結婚したい」という回答者は85.2%で、男性(79.0%)よりも女性(91.9%)が多く、
9割を超す女性が結婚の意思を持っていた。調査報告では、「属性別の回答者数が少ないため参考」としているが、
男女とも年齢が若いほど結婚意向は強いという傾向があり、20代女性では95.8%が「結婚したい」と回答している。

■未婚男性は「経済的な余裕」、未婚女性は「希望の条件」で結婚を決心

調査報告では、「男性の2位は『異性と知り合う(出会う)機会があること』であり、女性では同率1位が
『希望の条件を満たす相手にめぐり会うこと』である。 男性では『出会いそのもの』が、
女性では『希望の条件を満たす相手との出会い』が必要となっており、男女で結婚を決心する状況に差がみられる」としている。
http://m.huffpost.com/jp/entry/5244767



ネットの反応


たしかに・・・。
経済的に余裕がないとついてきてくれる女性もいません

現実主義が増えロマンだけではいきていけないと思う男性が増えた気もします。
女性が強くなって現実を叩きつけられた感もありますが。



男と女は根本的な考えが違うといいますが、結婚できない理由も全然違いますね。
今の経済状況を考えると、婚期が遅れるのは目に見える問題です。
5月1日 16:29




男性だけならはわかるが、経済状況と調査結果見みても女性の婚期が遅れる理由はなさそうだが。



経済的にも責任を持てないと結婚もできないですよね。自分も同じです。余裕があれば結婚したい人は多いのですよね。
5月1日 16:30

気楽さを失ったりと考えてる人が多いんですね。ちょっと違う気がしますね。なんか結婚を重く考えすぎていませんかね?それとも子供を持っている友人の話とかで悪い所だけとか聞いていませんか?親は子供見てると幸せになるんですけどね。



マスコミのファイナンシャル脅迫的な記事にも問題あると思います。
何かにつけ、子供一人3千万円、老後の蓄え1億円、などと繰り返されれば、
20代前半でなくても、どん引きでしょう。

責任を持ちたくないというより、責任感が強いからこそ、
踏み切れない人も多いのではないかと思います。

と、いうわけで、子供一人あたり、3千万ー世帯収入を20年分割で支給、
というのでどうでしょう。
といっても、全て現金ではなく、食費、学費、医療費、などに使える
バウチャーと、育児休業の企業負担ゼロ化に使い、休みやすくするのです。
まずは、経済的、心理的な負担なく子供が産める、というのが第一歩。

原資は年金支給停止です。(自分も要りませんが、生活困窮者は除きます)
30年くらい暫定的に凍結して、子供補助に振り向ければ、
30年後には、子供も増え、その後の年金資産もまた増えていきます。
子孫のために気概を見せてくれる日本人は多いのではないでしょうか。

すると、むしろ増えすぎて困ってくるでしょうから、
その後5年くらいで漸減してなくしていっても良いかと思います。
で、80年後くらいに、また少子化が大変、とかになったら、
制度を復活すれば良いのです。

子供のためにバラまくお金は、結局めぐりめぐって色んなところを
潤していくものだと思います。



結婚相談所に登録しても年収500万円以下の男は見向きもされないと聞く。
子供が産まれた家庭は、政府に「子供を見捨てるのか」と補助や保育所を要求する。
その結果、高額な税金がのしかかり、ますます、結婚は遠ざかる。
仕事をして税金と家賃を払ったら、食費と水光熱費しか残らない。
当然、結婚も子供も無理だろう。
地方に行っても仕事がない。
地方の再開発は強すぎる土地所有権が妨害する。
職場は金儲けをする場所だ。
恋愛を優先する男や育児や家庭を優先する女を冷遇するのは当然だ。
例え、それが人生に必要なことでも、
仕事に必要ない用事に給料を払えば、会社は成り立たない。
人生のすべてを会社に面倒見てもらおうと思うのは甘えだ。
では、政府が育児の面倒を見ればよいのか?
政府は打ち出の小槌ではない。
政府の補助は、無数の結婚できない独身者たちの税金で支えられている。
彼らに一層の負担を求めれば、
子供を持てる裕福な家庭と、結婚すらできない貧しい独身者の格差は一層、拡大する。

本来、儲けるべきではない人が儲からない税制が必要だ。
労せずして、土地資産格差が土地資産格差を再生産する構造を改めるべきだ。
貧乏な世帯の所得の半分近くが家賃として不労所得に吸い上げられる構造を改めるべきだ。
土地をマネーゲームの商品のように儲からなければ無税の譲渡益課税中心にするべきではない。
土地は生活必需品だ。
不要不急の土地がすぐに市場に出てくるように地価税を中心にするべきだ。
不要な土地が市場に出やすければ、
再開発に非合法な反社会的勢力を利用する必要もなくなるだろう。


Tetsuharu K. (Tetsuharu_Kawasaki)

7 ファン
日本の相対的貧困率はOECD加盟国中、第2位ですからね。

私の親の子供時代では、風呂に入るために井戸から水を汲んで風呂桶に注いでいた。テレビなんて無くて、家のラジオを家族全員で聞いた。そんな時代だった。国民全員が貧しくてそんな感じだったから、そんな貧しい家にも嫁が来た。

現代で年収300万円以下の人の所に「嫁に行こう」と考える女性が何人いるだろうか。そして年収300万円以下の人間が何人いるだろうか。
5月3日 07:28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。