元伊藤忠社員が7億円横領 FXに流用

伊藤忠商事は16日、ニュージーランドにある森林木材事業の関連会社に出向していた30代の経理担当の元男性社員が2012~14年の間、総額で約7億円を横領していたと発表した。外国為替証拠金取引(FX)に流用していたという。

 元男性社員は架空の請求書を作成するなどの方法で会社の口座から自分の口座に資金を送金。全額をFXにつぎ込み、取引の失敗が重なるなどで流用が増えていったとみられる。

 社内監査が迫り、発覚を恐れた元社員がことし2月に不正を申告した。伊藤忠は元社員をすでに懲戒解雇処分としており、今後、業務上横領容疑で警視庁に告発する方針。

キャプチャf1
キャプチャf2