増税後の株価予測「日経平均9000円割れ」を予測する専門家も


72 :名無しさん@13周年:2014/04/12(土) 22:32:16.87 ID:TPLyer9J0
増税後の株価予測「日経平均9000円割れ」を予測する専門家も

株式市場では、消費税アップに伴い企業業績に懸念が膨らみ
アベノミクスが限界に来ていることを見透かしたように「日本売り崩し」を虎視眈々と狙う動きがある。

 株価はどこまで落ちるのか。やがて9000円になると予想するのは日本株運用会社ミョウジョウ・アセット・マネジメント代表の菊池真氏だ。

「日経平均のEPS(一株あたり純利益)は2013年度で約1000円ですが、
2014年度は800円に減少し、2015年度は600~700円まで落ち込むと予想しています。
日経平均は概ねEPSの15倍で推移しますから、600円×15=9000円となる」

 株価上昇を支えてきた円安、国内景気、海外景気の3要素が今後は上向かないことが理由だ。

「4月からの消費増税と、円安に伴いエネルギーや原材料価格が上昇するコストプッシュ・インフレの影響が大きい。
消費税で3%物価が上がり、さらに円安で1.3%のプラス(1月のコア指数)。
合わせて4.3%の物価上昇に所得が追いつくのは難しく、節約志向が進むでしょう。企業には明らかな収益減少要因です」(菊池氏)

 加えて、海外では中国や新興国経済の先行きが危うい。

 それらの結果、「純利益ベースでは2割減、つまりEPSは800円になる。
その次の年も2割減で600~700円。この1年の上昇幅を考えると現実的な数字です」(菊池氏)という。

 やはり「9000円割れ」を予測するのは世界銀行やJPモルガンのエコノミストを歴任した中丸友一郎氏だ。

「消費増税による国民の負担増は9兆円。景気対策の2013年度補正予算は約5兆円ですが
、前年度10兆円だったものが5兆円に減ったのでマイナス5兆円ととらえるべき。9兆+5兆で前年度と比べた時のマイナスは14兆円に及ぶ。GDPの約2.9%マイナスです。
http://www.news-postseven.com/archives/20140411_250977.html



キャプチャp1
キャプチャp2

Designed by Akira.

Copyright © International速報 All Rights Reserved.