小野大輔、『ジョジョ』は「僕の人生においての指針」 第3部への思いを激白


30 :名無しんぼ@お腹いっぱい@転載禁止:2014/04/12(土) 09:59:55.80 ID:mV85212c0
小野大輔、『ジョジョ』は「僕の人生においての指針」 第3部への思いを激白

「承太郎を演じる覚悟ができた」。そう力強く話すのは、TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース』で
空条承太郎役を演じる声優・小野大輔。荒木飛呂彦氏の大人気シリーズ『ジョジョの奇妙な冒険』の第3部を描く本作は、
「ジョジョ」シリーズの中でも特に人気が高く、中でも承太郎はその「ジョジョ」の代名詞にもなりうるようなキャラクターだ。
世代問わず愛される作品の主人公を演じる小野に、現在の心境を聞いた。



小野演じる主人公・空条承太郎は、第2部の主人公ジョセフ・ジョースターの孫。
第1部から続くジョースター家の宿命の敵・DIOの復活によって危篤状態に陥った母親を救うため、
承太郎はジョセフ、モハメド・アヴドゥル、花京院典明、ジャン・ピエール・ポルナレフといった仲間と共に、DIOが潜むエジプトへ旅立つというストーリーが描かれる。

 意を決した小野だったが、承太郎を演じることが決まった当初は現在のような心境にはなれなかったと明かす。
「僕自身がジョジョを好き過ぎるあまり、演じるというイメージが出来なかったんです」という。「(ジョジョは)僕の人生においての指針になったり、
迷ったときの道標になったり、背中を押してもらったり…。演じるというよりは、ずっと受け手だったんですよね」。

 「『ジョジョ』には多くの名言がある」と言う小野。その中でも特に好きだという言葉は、
原作単行本17巻に登場する「ホイール・オブ・フォーチュン(運命の車輪)」のエピソードで承太郎が発する「道というものは自分で切り開くものだ」という言葉。
「この言葉がすごく好きです」と少し照れたように告白する。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1025446?news_ref=top_topics_topic



キャプチャ