スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルセデスベンツが世界中で販売好調! 日本でも前年比50%増!

メルセデスベンツが世界中で販売好調! 日本でも前年比50%増!

ダイムラーの発表によると、3月度の世界販売台数は16.8万台(前年同月比+11.7%)と

13カ月連続で前年実績を更新しており、第1四半期(1-3月)で39.8万台(同+13.5%)を販売。

画像を表示

全ての地域でプラス成長となる中、とりわけ日本の販売成長率には目を見張るものがあり、

3カ月累計で1.8万台(+50.3%)という大きな伸びを示しています。



うち、メルセデスベンツは3月に世界で15.8万台(+13.3%)を販売、第1四半期の販売台数は37.4万台(+15.2%)とダイムラーの業績を牽引。


(出展 ダイムラー)

地域別の3月度販売台数は新車市場が回復傾向の欧州が7.6万台(+7.6%)で、お膝元のドイツでは2.5万台(+1.0%)。

北米市場は3.1万台(+9.0%)で、米国が2.7万台(+11.2%)と伸びています。

アジア市場は4.6万台(+30.9%)と前年比で大幅な伸びを示しており、中国(香港含む)が2.5万台(+34.0%)、日本が0.9万台(+39.5%)を占めています。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140410-00010000-clicccarz-bus_all

一方、車種別では新型「Cクラス」と小型SUVの「GLA」の販売が寄与。新型Cクラスの発売直後には欧州のデイーラーに50万人以上が訪れ、2万人以上が試乗したとか。


またプラットフォームを共用する「A」、「B」、「CLA」、「GLA」クラスは3月にシリーズ合計で4.3万台を販売。




前年比で+26.4%もの伸びを示しており、 SUVの「GLA」は欧州で新たな顧客を獲得していると言います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。