【陸上】「いや~、まいりました…」公務員ランナー・川内が韓国での“悲惨体験”告白



公務員ランナー・川内が韓国での“悲惨体験”告白

 いよいよ新年度が始まった。消費税が8%に引き上げられ日本が転換期を迎えるなか、
希望を胸に新たな一歩を踏み出す人もいる。スポーツ界では男子マラソンの
“公務員ランナー”川内優輝(27=埼玉県庁)がその一人だ。
埼玉県立春日部高定時制の事務局員から1日付で県立久喜高定時制に異動した。
意気揚々と新天地に臨むが、本紙が直撃すると「いや~、まいりました…」と
悲痛な叫びを上げた。いったい、何があったの?

――マラソン代表として金メダル奪取を誓う9月のアジア大会(韓国・仁川)の
視察を兼ねた先月30日の仁川国際ハーフマラソンは1時間6分4秒で5位だった

川内:実は前夜に食あたりして、4回くらい吐きました。その後、胃がムカムカして
全然寝られない。レースは最低限の走りでした。

――嘔吐の原因は

川内:ビュッフェで食べたレバーかにんにくだと思います。不安のまま当日を迎えて
朝食もバナナ1本とみそ汁の汁だけとゼリー。あとは何も食べられなかった。
胃が受けつけなくて体力も消耗しました。いつもレースの前は朝ご飯をしっかり食べて
スタミナをつけていく。睡眠もいつもは7時間半取るんですけど、ほとんど寝てない。
今までのレースの中でも最悪のコンディションでした。
(つづく)

http://news.livedoor.com/article/detail/8695769/


(つづき)
――それでも走りきったのは、逆にすごい

川内:招待選手でしたし、アジア大会を見据えると、そういう状態でも走らなければいけない。
本番でそういうコンディションにならないとも限らないですから。「完走できれば」という
気持ちで走りました。当初の目標からはだいぶ違ってしまいましたけどね。
大会のバスも現地到着が渋滞で遅れてウオーミングアップもできませんでした。

――当初はレース後にアジア大会のコースの下見を予定していたが

川内:レース終わってからかなり調子が悪くなって、4時間くらい寝込んだんです。
でも、その後、タクシーを使って予定のコースを回れました。大まかなスタート地点と、
まだ建設中だったゴールのスタジアムを見ました。最後、コースはだらだらと上り坂になっていく。
そこで競り合っていけば勝負になると思います。思い描いていた下見はできたけど、
本当はもうちょっと早く出発して見たかったですね。

――生活環境に慣れるため、現地の銭湯やスーパーも確認したいと話していたが

川内:無理でした。街の雰囲気だけですね。計画は大幅に狂いました。
今も完全には体調は戻ってないです。

――ところで、4月から5年間務めた春日部高を離れ、久喜高に赴任

川内:春日部高校で定時制のノウハウを学んできた。地元なのでしっかり尽くしたいです。

――通勤時間はどれくらい変わるのか

川内:今まで50分だったのが30分くらいになります。徒歩と電車を使っていたのが、
自転車になると思います。往復するだけでも電車よりいいトレーニングになる。

――新たな環境で、心境の変化は

川内:春日部高は男子校でしたけど、久喜高は(全日制は)女子校になりますね。
まずは新しい職場に慣れることが大事だと思います。トレーニング環境は大きく変わらない
と思う。ただ、久喜高は春休みや夏休みなどの長期休暇の時は、8時25分出勤で
午後4時55分まで。昼と同じ勤務になる。春日部高は10時半出勤でしたので、
時間の使い方を考えていきたいと思います。
(おわり)



Designed by Akira.

Copyright © International速報 All Rights Reserved.