スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄っぺらい気合主義  現代日本に広がるヤンキー文化とは?


17 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2014/04/02(水) 19:42:28.60 0
薄っぺらい気合主義  現代日本に広がるヤンキー文化とは?

大音量の音楽を流しながら改造バイクを乗りこなす友人に注意をしたら、

「オレの好きな曲を聞かせてあげているんだから褒められたいくらいだ。」とこともなげに言われてしまった。「みんなこの曲を好きになってほしい。」と

アツく語る姿に唖然。だが、彼みたいな傾向を持つ人が周りに増えている気がして、ハッとさせられた。

無論、大音量の音楽を聞かせてくる奴、という意味でない。少し悪趣味だが目立ちたがりで、人が大好きでお節介。

誰かに認められたくてたまらないがツッパっている。そんなヤンキーみたいな人が周りに増えてはいないか?

これは私の周りだけの出来事なのだろうか? もしかしたら、日本全体がヤンキー化しているのではないだろうか?

http://news.nicovideo.jp/watch/nw1010590?news_ref=top_hrank




18 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2014/04/02(水) 19:43:48.02 0
■バッドセンス
ヤンキー文化の外見的な特徴として、斎藤氏は「バッドセンス」を挙げている。「バッドセンス」とは

和洋折衷で威圧的なケバケバしいもののことだ。成人式での純白の羽織袴や裾が広がった寅壱の作業服…。

「光ること」「目立つこと」「安いゴージャス」「威圧的・威嚇的」「ユーモア」が「バッドセンス」の特徴だと斎藤氏はいう。

■気合主義
見た目だけではなく、精神面でも「ヤンキー文化」は広まっている。斎藤氏によれば、

「ヤンキー文化」の価値観としては「気合主義」があるという。これはいかなる困難な状況も

「アゲアゲのノリ」と「勢い」で切り抜けられるという根拠のない自信のことだ。斎藤氏によれば、

今、日本人はみなこの気合い主義の中にどっぷりと浸かっているという。3.11以降「がんばれ」という言葉が多く使われるが

それが顕著な例。「がんばれ」という言葉は相手が本来持っている以上の力を気合いを入れて出すことを要求して聞こえると斎藤氏はいう。

「Do your best(ベストを尽くせ)」よりもこの言葉は重く、言われた相手がまだ全てを出し切ってないという想定に基づいているだろう。

本来なら自分のためにだけ努力すれば良いはずだが、今の日本は家族のため、仲間のためにと人々に無理を強いているような気がする。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。