スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華圏で韓流ブーム再燃も・・・日本は冷めた態度、きっぱり“無関心” 「『韓流』と聞くだけで嫌悪感催す人多い」


1 :れいおφ ★@転載禁止:2014/03/28(金) 15:18:43.04 ID:???0
2014年3月27日、中華圏およびアジア全体で再燃している韓流人気について、
台湾メディアが「日本の冷めた態度」を報じている。NOWnewsが伝えた。

昨年のドラマ「継承者たち」が人気を集め、さらに「星から来たあなた」の爆発的ヒットで、
中華圏では韓流人気が再燃。
特に「星から来たあなた」は現在、アジア全体で人気が高まっているが、日本だけは全く反応しない。
中華圏とは対照的な日本の状況について、NOWnewsは「韓国ドラマのテレビ放送が激減」
「嫌韓意識」によるものだと伝えている。

TBSでは2010年にスタートした韓流ドラマ枠「韓流セレクト」を今月半ばに終了した。
一時は大量にテレビ放送されていた韓流ドラマは、めっきり数が減っている。

これに加え、竹島の領有権問題などがきっかけで、近年は特に嫌韓ムードが高まっている。
このため、「韓流」と聞くだけで嫌悪感をもよおす人も多い。

中華圏では「星から来たあなた」の主演俳優キム・スヒョンがヨン様以来と言われる人気を見せている。
ファンミーティングでの高額ギャラ、バラエティー番組の出演料が1本につき300万元(約5000万円)など、
人気のバロメータとなるお金の話題が連日ニュースを賑わせる。

これに対し、日本の際立った無関心さは注目の的だ。NOWnewsの報道に対し、ネットユーザーからは
「日本に続け」の声も聞かれている。

http://news.livedoor.com/article/detail/8678339/

関連スレ
【TV】この春、韓国ドラマが消える!フジテレビ韓流偏向抗議デモを境に陰り・・・
TBS関係者「韓国ドラマを放映するだけで口汚く罵られる」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1395846346/


キャプチャ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。