スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【国際】世界の軍事力の強さは1位から順に、米国、ロシア、中国、インド、英国、フランス、ドイツ、トルコ、韓国、日本


1 : ★世界の軍事力ランキング:米国とロシアはどちらが強い?
2014年3月26日 05時54分 更新

グローバル・ファイヤーパワー(Global Firepower)が「世界の軍事力ランキング2014年版」を発表した。
世界の軍隊のトップ10内には、米国やロシア、日本が入っていることがわかった。

世界の軍事力の強さは1位から順に、米国、ロシア、中国、インド、英国、フランス、ドイツ、
トルコ、韓国、日本となっている。

日本については、「西側で中国が勢力を伸ばしている中、日本は自国の権力の構築に懸命である」と
評価されている。日本の防衛予算は491億米ドルで、ランキング3位の中国の1260億米ドルの40%ほどの
規模だ。また予備軍人を含めた人員数は、日本が約30万人である一方、中国は450万人と、およそ
15倍となっている。ただ、総人口に10倍以上の開きがあることは考慮すべきだろう。

グローバル・ファイヤーパワーのランク付けでは、世界106か国の軍事力を50以上の指標から総合的に
評価している。ゼロに近づくほど、強い軍事力を持った国としてランク付けしており、10位の日本は
0.5581、3位の中国は0.2594となっている。

指標には、軍人数や兵器の装備、予算額、地理的要因などが含まれる。しかし、核保有力については
評価対象に入っていない。GFPは「各国の陸上、海上、空中での戦争を行う能力」のみを考慮したとしている。

また、天然資源への依存度も加味したほか、海防の必要のない国に海軍力がないことなども考慮して、
ランク付けをしているという。 >>2へ続く

http://jp.ibtimes.com/articles/55922/20140326/980321.htm
「世界の軍隊ランキング トップ10」 赤い方が1位に近く、薄い黄色に近づくほど下位となる。 (IBTImes)





キャプチャ00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。