スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍ってこんなに力いれてるのに何で流行らないの?


1 : ジャーマンスープレックス(catv?)@転載禁止:2014/03/24(月) 22:13:13.62 ID:2L/1o55a0 ?PLT(12072) ポイント特典

 昨年12月からはじまった無料の漫画雑誌アプリ「マンガボックス」(提供:DeNA)は、公開から約3カ月で、
300万ダウンロードを突破。人気上位の作品は約100万人の継続読者をかかえるなど、その影響力は日に
日に増している。

 また、今月22日には、新ウェブコミックサービス「コミックウォーカー」もスタート。本サービスでは、KADOKAWA が
発行するマンガ雑誌とWebマガジンからセレクトされた連載中の作品をPC、スマートフォンで読むことができる。
こちらも無料サービスだ。今後、同様の動きは業界内でますます加速するだろう。

 そんな中、「昨年度、最も人気のあった電子書籍」を決める『電子書籍アワード2014』
(主催:電子書籍アワード実行委員会)が発表となる。電子書籍アワード2014では、電子書店(全21社)の
年間売上データを総合した独自のベストセラーランキングを集計、3月30日(日)に、この結果がニコニコ生放送にて
発表される予定だ。

 昨年は、テレビアニメや実写映画化でファン層を拡げた『宇宙兄弟』が電子書籍大賞に輝くなど、
いわゆる“大人向けコミック”がベストセラーランキングを席捲する結果となったが、今年はどうなのか?
2014年のトレンドを占う意味でも要注目だ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140324-00003865-davinci-ent



キャプチャ1









- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。