暴力団から抜けたいと保護を求めた男性、警察に組員との面会を強要されるww


1 : アンクルホールド(WiMAX)@転載禁止:2014/03/24(月) 20:37:04.28 ID:IEaWVtPM0 ?PLT(14141) ポイント特典

抜けたいのに…警察が組員と面会強要 山梨県に賠償命令
2014年3月24日20時16分

 暴力団を脱退しようとした男性が、山梨県警甲府署に保護を求めたのに、
署を訪ねてきた組員への面会を署員に強要されたとして、男性が県に
慰謝料など約113万円の支払いを求めた訴訟の判決が24日、東京地裁
であった。木納敏和裁判長は面会の結果、男性が組員に脅迫されて精神的
苦痛を受けたと認定。25万円の支払いを県に命じた。

 判決によると、男性は2011年4月、暴力団からの脱退を組長に拒否されたうえ、
車に乗っていたところ、脱退を阻もうとした組員の車に衝突された。このため身の
危険を感じ、甲府署員に保護を求めた。

 しかし、署員は組員と面会するよう男性を説得。応じた男性と組員を取調室で
面会させた。署員が立ち会ったが、組員はその場で「指でも詰めて度量を見せろ」
と脅迫したという。(※以下ソース)
http://www.asahi.com/articles/ASG3S56JGG3SUTIL025.html




キャプチャkumii








0 Comments

Post a comment